fc2ブログ

デジタル創造山岸堂のBLOG。

2023年から2024年へ、というお話。

あけよろ2024。

2023年は「山岸、温泉別荘を買う」という大博打が一番の出来事だったでしょうか。

買う前は賛成のご意見もあれば、
「後の管理が大変やで~」
「山岸がそんなとこにショッチュウ行くとは思わない」など、
反対意見も数多くいただきました。

まぁ賛成・反対は全体的に半々だったような記憶。

たしかに管理は大変、掛かりも大変。修繕も銭が掛かる。
夏は多湿、冬は激寒。
大量の蟲との戦い、温泉の湯温が簡単に上がらないなど、
ネガティブなことがいっぱいありますが、
それを含めて今のところ私的には楽しんでおるんだと思います。


ストビューが更新されて、ようやく別荘近くまで来ていたようです。
しかしこの奥なんでちょうど見えない。
(しかもこの先行き止まりなんで、そこまでストビューカーが来るのは何年後かも。)




------------------------------


さて、
2024年2月1日で、山岸堂創立20周年でございます。

ただし創業日と言われる「2004年2月1日」は便宜上の日付であって
この日になにかキッカケになる事を始めたとか、「これからやっていくぞ!」と意気込んだ日でもありません。

前の会社をやめたあと雇用保険が11月、12月、1月とはいってきており、
2月からまったく収入がない状態だったので
後世になってから「2004年2月から本格的に始めたことにしとくか。」と決めただけの日。

ともあれ、20年ぐらい歳とっちゃいましたね。


-------------------------------------


2/1にちなんで、1年前の2023年2月1日は、
則武のマンションの事務所を出て、自宅1Fに引っ越して仕事をはじめた日。

最初の頃、
「家から出る」というルーチンなくなってしまい調子がのらない感じも多く、
なにかにつけこんで
「いったん近場のどこかへ車にのって買い物に出かける」
なんてことをしておりましたが、
いつのまにやら落ち着いておりましたね。

ただしたまに朝の仕事が(気分的に)始まらない時は、
ホームセンター、ドラッグストアー、ATM宝くじなど、無駄に出かけておりますけども。


またその時の決断で「固定電話をやめる」というのがありました。
昔ながらの考えで「固定電話が無い会社はあやしい。」という思いとお客様に迷惑をかけるかも?という思いで、
このあとどうなってしまうのか?と不安もありましたが、
1年経ってみると固電なくてもなんとかなっている模様。


たまに則武マンションの1Fの萬天龍さんへランチには行きます。
その時に2Fの部屋を外から見たりしますがカーテンなどは見えないので
後釜の方はまだみえない感じでもありますね。




  1. 2024/01/08(月) 11:51:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<岐商吹さんの演奏会プログラムパンフレットを製作、というお話。 | ホーム | 水の力を侮るなかれ、というお話。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyoshoyamachan.blog86.fc2.com/tb.php/1747-0f07de39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)