fc2ブログ

デジタル創造山岸堂のBLOG。

「大浴場の湯温を上ゲロ作戦」進捗報告、というお話。

お越しやす~

「大浴場の湯温を上ゲロ作戦」進捗報告。

あれからもいろいろと試しております。


------------------

もしかしたらこれが湯を冷めさす原因?とされている滝状の湯口のコレ。↓




御大層な湯口。

非日常感があってムードはいいんですが、
せっかく60℃で湯を出してるのに石の温度で冷め、
さらに分散されて湯が入れられていくので冷めてる感じは否めない。
ちょっと考えもの。



なのでこいつを経由せずに湯を入れてみたらどうかと。


お湯の管と、廃棄しようとしていた灯油ポンプを分解したものを、
ゴム手袋の指の所をカットし、それで仮接続。
02_202401181929053b5.jpg

その先は余ってた「つっ張り棒」を分解したものに突っ込んで、
お風呂の中央あたりから湯が出るようにしてみました。
03_202401181929060d9.jpg


別日合わせてで2回ほどチャレンジしましたが、
お湯が出てくるあたりの温度は43℃前後。
お風呂の端っこあたりでも41℃前後。
(その時の状況によるかもですが)
04_20240118193800fff.jpg 05_20240118193801bdf.jpg


お風呂にはちょうど良い的な温度。

効果アリ。


ということで滝は、
もったいないような気もしましたが、
ある意味湯温問題で疲れてもいるので、
躊躇なく破壊。(いつもの大工さんを呼んで)
06_20240118194339abd.jpg

ある意味気持ちをもすっきり。




で、このままではダメなので、
管を下げてもらって、木製の湯口(吐水口)でも作ろうかなと大工さんに相談中。
↓こんな感じ。
01_20240118194340204.jpg
(これは生成AIでなく3Dモデリングソフトでパースマッチ)

あと、湯口の反対側奥が早く冷めていく可能性も高いので、
ホースにも付け替えれるような仕組みも要望中。


さてどうなることやら。




  1. 2024/01/18(木) 19:59:18|
  2. 山岸堂「下呂温泉処」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『20年もやれば衰える』、そんなTシャツを販売する、というお話。 | ホーム | 第2部の幕間映像を製作、というお話。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyoshoyamachan.blog86.fc2.com/tb.php/1750-bee98b89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)